野菜ジュースと青汁の必要性

野菜不足解消のために青汁を飲み始めれば、野菜摂取目安量まで足りない栄養素を簡単にカバーできます。
野菜を十分食べているつもりでも、意外と必要なだけの野菜摂取量に届いていない人のほうが、多いと思われます。

野菜不足の実態とは?

実は平均的に見ると、どの世代でも厚生労働省が推奨する野菜摂取量に達していないという実態が判明しています。
比較的、野菜から栄養を多く摂っている傾向の50〜60代ですら、じゅうぶんに食品から栄養が摂れていないんです。
青汁は健康のために中高年から始めるイメージが強いとはいえ、必要なのはむしろ野菜不足になりがちな20代〜30代の若年層といえそうです。
最も働き盛りの若年世代は、仕事が多忙でゆっくり食事に時間や手間をかけられないゆえに、手軽に栄養素を補う手段が必要です。

野菜のジュースと青汁、どっちがおすすめ?

世代を問わず野菜摂取量をカバーする手段としては、野菜のジュースも定番ですね。
野菜しか入っていない商品と比べれば味わいもいいし、続けやすそうに見えます。
ですが、栄養素が高い以上に、砂糖や添加物が入っているというデメリットが上回ります。
原料も国産でなければ、化学肥料が使われているおそれもあり、安心して毎日飲めません。
その手軽さや入手のしやすさに惹かれてしまうのは仕方ありませんが、常用するにはむしろ健康リスクが高すぎます。
その点で、野菜しか入っていない商品なら、原料にもこだわりがあり国産野菜しか使っていない物が多いです。余計な成分や添加物も一切入っていません。
両者とも一見よく似ているように思えますが、見えないところで大きな差があります。
自分の健康のために長期的に付き合っていく商品ですから、ささいなことのように見えても見逃すべきではありません。
ジュースに比べると多く流通しているわけではありませんが、通販で購入すればそのハードルも低くなります。
通販では定期購入も利用できるので、わざわざ店舗で野菜のジュースを買うより、実はずっと手軽なんです。

関連記事