冷凍青汁と粉末を比較してみよう

一番人気の粉末タイプの青汁を最初に検討する人も多いと思いますが、さらにこだわりが出てくると、冷凍タイプの商品も気になり始めるでしょう。
粉末タイプと比較すると値が張るし飲むシーンも限られるので、それに見合うメリットは期待できるのか?と気になりますね。
では、粉末タイプと冷凍タイプの商品を3つの点から比較していきましょう。

栄養価はどっちが高い?

栄養価の高さだけで言えば、冷凍タイプの青汁のほうが断然上回っています。
しかしこれは一般的な話で、メーカーや健康素材によっては、粉末タイプもひけをとっていません。
栄養価の数字だけでなく、国産の素材を使用しているかも、見逃せない点です。
冷凍タイプだとコスパが高く飲むのが不便なところもあるので、まずは続けることが大事だと思えば、栄養たっぷりのフリーズドライを選ぶ手もあります。

飲む手間や保管のしやすさで比べるなら?

粉末タイプの商品なら、保存方法にそれほど神経質にならなくても大丈夫です。
いっぽうで、保管方法によって鮮度が大きく左右される冷凍タイプだと、煩わしいかもしれません。
栄養たっぷりの新鮮な野菜の味わいをそのままに感じられるのは冷凍以上の方法はありませんが、時間のあるときにゆっくり解凍しないとそのメリットを享受できません。
常用には適していないですが、健康のために2〜3日に1杯飲むだけなら、無理がないかと思います。

どちらが飲みやすいのか?

味わいの感じ方は個人差もあるので、フレッシュな野菜の味わいをそのまま感じられる冷凍の商品が美味しいと思う人もいれば、その逆もあるでしょう。
どちらかといえば、粉末タイプのほうが癖のない味わいで、すっきり飲めるので続けやすいと感じる人が多い傾向があります。
最初に、安くて作りやすい粉末タイプから味を確かめるために、試してみてはいかがでしょうか。
生の野菜の風味が薄れているので、野菜嫌いの人にも適しています。
青臭くて続けられないと、良い商品も無駄になってしまいますね。

関連記事