冷凍青汁と粉末を比較してみよう

一番人気の粉末タイプの青汁を最初に検討する人も多いと思いますが、さらにこだわりが出てくると、冷凍タイプの商品も気になり始めるでしょう。
粉末タイプと比較すると値が張るし飲むシーンも限られるので、それに見合うメリットは期待できるのか?と気になりますね。
では、粉末タイプと冷凍タイプの商品を3つの点から比較していきましょう。

栄養価はどっちが高い?

栄養価の高さだけで言えば、冷凍タイプの青汁のほうが断然上回っています。
しかしこれは一般的な話で、メーカーや健康素材によっては、粉末タイプもひけをとっていません。
栄養価の数字だけでなく、国産の素材を使用しているかも、見逃せない点です。
冷凍タイプだとコスパが高く飲むのが不便なところもあるので、まずは続けることが大事だと思えば、栄養たっぷりのフリーズドライを選ぶ手もあります。

飲む手間や保管のしやすさで比べるなら?

粉末タイプの商品なら、保存方法にそれほど神経質にならなくても大丈夫です。
いっぽうで、保管方法によって鮮度が大きく左右される冷凍タイプだと、煩わしいかもしれません。
栄養たっぷりの新鮮な野菜の味わいをそのままに感じられるのは冷凍以上の方法はありませんが、時間のあるときにゆっくり解凍しないとそのメリットを享受できません。
常用には適していないですが、健康のために2〜3日に1杯飲むだけなら、無理がないかと思います。

どちらが飲みやすいのか?

味わいの感じ方は個人差もあるので、フレッシュな野菜の味わいをそのまま感じられる冷凍の商品が美味しいと思う人もいれば、その逆もあるでしょう。
どちらかといえば、粉末タイプのほうが癖のない味わいで、すっきり飲めるので続けやすいと感じる人が多い傾向があります。
最初に、安くて作りやすい粉末タイプから味を確かめるために、試してみてはいかがでしょうか。
生の野菜の風味が薄れているので、野菜嫌いの人にも適しています。
青臭くて続けられないと、良い商品も無駄になってしまいますね。

野菜ジュースと青汁の必要性

野菜不足解消のために青汁を飲み始めれば、野菜摂取目安量まで足りない栄養素を簡単にカバーできます。
野菜を十分食べているつもりでも、意外と必要なだけの野菜摂取量に届いていない人のほうが、多いと思われます。

野菜不足の実態とは?

実は平均的に見ると、どの世代でも厚生労働省が推奨する野菜摂取量に達していないという実態が判明しています。
比較的、野菜から栄養を多く摂っている傾向の50〜60代ですら、じゅうぶんに食品から栄養が摂れていないんです。
青汁は健康のために中高年から始めるイメージが強いとはいえ、必要なのはむしろ野菜不足になりがちな20代〜30代の若年層といえそうです。
最も働き盛りの若年世代は、仕事が多忙でゆっくり食事に時間や手間をかけられないゆえに、手軽に栄養素を補う手段が必要です。

野菜のジュースと青汁、どっちがおすすめ?

世代を問わず野菜摂取量をカバーする手段としては、野菜のジュースも定番ですね。
野菜しか入っていない商品と比べれば味わいもいいし、続けやすそうに見えます。
ですが、栄養素が高い以上に、砂糖や添加物が入っているというデメリットが上回ります。
原料も国産でなければ、化学肥料が使われているおそれもあり、安心して毎日飲めません。
その手軽さや入手のしやすさに惹かれてしまうのは仕方ありませんが、常用するにはむしろ健康リスクが高すぎます。
その点で、野菜しか入っていない商品なら、原料にもこだわりがあり国産野菜しか使っていない物が多いです。余計な成分や添加物も一切入っていません。
両者とも一見よく似ているように思えますが、見えないところで大きな差があります。
自分の健康のために長期的に付き合っていく商品ですから、ささいなことのように見えても見逃すべきではありません。
ジュースに比べると多く流通しているわけではありませんが、通販で購入すればそのハードルも低くなります。
通販では定期購入も利用できるので、わざわざ店舗で野菜のジュースを買うより、実はずっと手軽なんです。

女性の悩みを解消する青汁の選び方

女性には、肌トラブルや貧血、冷え性にむくみなど何かと気になる問題が山積みですが、それらも青汁で克服しましょう。
健康にこだわりがある人はもちろん、ちょっとした悩みを解決したい女性にも、栄養たっぷりの青汁はそれなしではいられなくなるほどの存在です。

女性におすすめの商品とは?

野菜不足解消にかぎらず、女性特有の身体に関する悩みを解消するには、プラスアルファの効果にこだわりを持って選んでみましょう。
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、食物繊維、ポリフェノールなどの基本の栄養素が入っているのがもちろん前提です。
たとえば、貧血による体調不良で困っている女性なら、カルシウムや鉄分などミネラル豊富な素材がメインの商品がうってつけです。
たとえば、定番のケールや大麦若葉、明日葉、長命草などの健康野菜が揃っていれば大丈夫でしょう。
人気の商品には、健康野菜がひとつやふたつと限らず何十種類も入っているので、オトクな気分にもなれます。
妊娠出産を前にした女性に欠かせない葉酸という栄養素も、栄養バランスの優れた青汁があればまとめて摂取できるんです。

むくみを解消できる商品とは?

女性の間で特に多い問題が、むくみの悩みです。
ささいなことであっても、履きたい靴が入らなかったり、顔が大きく見えるなど嫌なことづくめですね。
むくみの悩みも、野菜に入っているポリフェノールを十分に摂取できていれば、自然によくなっていきます。
特に、明日葉には水分のめぐりを良くするポリフェノールが豊富なことで知られているので、商品選びの際には優先的にチェックしてみましょう。
明日葉が口に合わなければ、複数の健康野菜をブレンドした商品を飲んでみると、苦手意識が少なくなるかもしれません。
食べ慣れていない明日葉やケールなどの健康野菜は味わいが独特なため、飲み方に工夫が迫られます。
人気の商品だと、このような野菜が沢山入っていても味が美味しく調整されているので、売れている商品から試しに飲んでみてください。

緊急時にも青汁があると助かる

青汁は常に通販などを利用してストックしておくと、いざというときに助けられます。
たとえば災害時の保存食としても、栄養バランスをキープするために活躍してくれるんです。
ビタミンやミネラルといった基本的な栄養素ですら、緊急時には食品から安定して確保できないので、備えておくと助かりますね。

日持ちする青汁は保存食品に最適!

緊急時にも、野菜不足はいずれ無視できない問題になってきます。
災害時には、非常食に加えて健康補助食品が支援されるほど、その有用性が認められています。
青汁には非常食で不足しやすい栄養素でも、場所を問わずに携帯してさっと飲めるので、持っているだけでも安心です。
ビタミンや食物繊維といった栄養素を補給するための野菜や果物は買い物にいかなければ入手できませんが、常備食としてストックするのも難しいです。
そんなときに、保存食として粉末タイプや粒タイプの長持ちする形状で、栄養たっぷりの健康補助食品があれば当面は体調に不安も少なくなります。
いつもは食事の影に隠れてあまり目立たない商品ですが、当たり前の食品が足りなくなった時に、とりわけそのありがたみが実感できるでしょう。
調理の手間もなく、水やお湯があればすぐに飲めるのもいざというときには嬉しいですね。
食物繊維も入っていて腹持ちがいいので、小腹がすいた時にも飲むと落ち着きます。

ストックに便利な通販

緊急時に備えて保存食費として常備しておきたいなら、通販でまとめ買いや定期購入しましょう。
一度買っておくと消費期限も長いので、購入回数も少なくて住みます。
栄養素の劣化を極力避けるためには、保存も丁寧に行いましょう。
少なくとも1年くらいは成分の品質が保たれますが、念の為に他の保存食品と一緒に定期的なチェックをして、数カ月ごとに消費し切りましょう。
より長持ちさせるには、スティックタイプなどの個包装になっている商品が最適です。
原料が空気に触れず酸化しにくいので、成分の劣化を防ぎ味わいの良さも保たれやすくなります。