青汁と手作りジュースのどっちがいい?

青汁ではなく、栄養たっぷりの野菜や果物を自分で絞って、野菜のジュースを愛飲している人も多いはずです。手間をかけても自家製にこだわりがある人もいれば、手間やコストをかけるなら青汁のほうが簡単でいいと考える人もいあすね。自分で作った野菜ジュースと市販の青汁とで、双方のメリット・デメリットを比較すると、どちらが優れているのでしょうか?

自家製野菜ジュースのメリット・デメリット

野菜を自分で揃えたり、手作りの手間や素材の費用まで何かとコストが要るものの、生の野菜の栄養成分を新鮮なままで摂れる価値は大きいです。健康補助食品では摂りにくい野菜そのままの栄養バランスで、生の酵素やファイトケミカルなどの栄養素もたっぷりです。

好きな野菜や果物を選んで入れられるので味わいも調節しやすくなり、季節に応じてバリエーション豊かなレシピを楽しめます。デメリットとしては、時間が経つと素材が劣化したり、作るの時間がかかることです。忙しい人が毎日こだわりの自家製野菜ジュースの習慣を続けるには、苦労もあるでしょう。お財布や時間に余裕がなければ、毎日続けたいのならもっと手軽な方法が求められます。

商品のメリット・デメリット

商品として購入するなら、いつでも携帯できて飲みたい時にさっと飲めるのが最大のメリットではないでしょうか。野菜嫌いだとわざわざ自分で野菜ジュースを作って飲む気にはなれませんが、毎日常備していて美味しければ、習慣にしやすくなります。デメリットとしては、同じ商品を続けているとワンパターンに飽きる点です。

栄養素の面では野菜のジュースより多数の種類の国産野菜・健康野菜が摂れてバランスもよく、劣化もしにくいのでひけをとっていないはずです。価格や手間の面では軍馬があがるものの習慣にするとワンパターンになりがちなので、自分でアレンジの工夫をすれば、その欠点を補えるでしょう。手作りジュースのように意外とアレンジの自由度も高いのです。

青汁を通販で安心して買うために

青汁の商品の栄養価や品質だけでなく、お買い物のしやすさも外せないポイントですね。店頭で目立つ商品をチェックするのに限らず、通販だけでしか買えない商品も見逃さず、そのお得な購入制度を使って安く青汁をゲットしましょう。

青汁を通販で購入するメリット

栄養成分や味わい、粒タイプか粉末タイプ(スティックタイプ)か、コスパはいいのかなど、商品を比較するポイントは多岐に渡ります。お店でそれらすべてを比較するのは困難ですが、通販では栄養素や他の健康補助食品の情報を集めながら、こだわりに従ってじっくり選びます。

安全性を調べよう

通販で商品を買うときに特に慎重になるべきなのが、安全性です。店頭にないものは手に取れず流通も少ないので、栄養成分や原料の産地がはっきりとわかるまでは安心できませんね。成分の種類や入っている原料だけでなく、野菜は国産野菜であるか、化学肥料を使わない育て方をされているかまで調べましょう。他の健康補助食品を選ぶときにも言えることですが、できれば健康食品GMP認定されている工場で製造されている商品が望ましいです。

通販ならではの制度を利用

通販だと送料がかかるので、どちらかといえば損なイメージもあると思います。ですが、通販ではまとめ買いや定期購入で送料無料になったり、送料のかからないお試し商品を用意しています。それどころか、キャンペーンによって大幅な割引価格で買えるのも珍しくありません。

味わいや飲みやすさだけをまず確かめるなら、お求めやすい商品サンプルやハーフサイズを、まずは試してみましょう。商品が気に入らなければ、返金保証までついているものだと、お財布に負担をかけず気兼ねなくお試しできます。通販で買うか迷った時も、口コミを調べれば参考になる点があるかもしれません。

感想には個人差があるものの、悪い評判が目立っている商品を避ければ、少なくとも粗悪品を掴まされることはなくなるでしょう。